私から見た京都観光の仕方

日本の、いや、今は世界有数の観光地の古都・京都観光名所めぐりを私の仕方で述べます。
京都といっても有名な神社仏閣から世界遺産クラスのものまで観光をお楽しみいただけますが、とても広く名所も多い為、とても一日で全てを巡ることは
難しいのです。

名所めぐり以外も世界一ともいわれる誉の高い観光地でもある為、お土産や食べ物も品ぞろえが良く当地でしか買えないものが多い為、連日、混雑しています。
そこで、私の観光の仕方を言いますと、京都市内を4分割に割り当ててみて地区ごとにまわるようにしています。
それも4回くらいに観光日を分けてまわるのです。

有名な名所や料亭はほとんど京都市内に集中している為、地図を見て京都市内を東西南北に線分けするとその地区の名所が観光しやすくなるのです。
観光バスも次から次へと走っていますので「どこの名所行かを表示を確認して」活用すると効率よく体力を温存してまわれることでしょう。
京都市内でも駅前やその周辺は街並みも都会的ですが、少し離れると参道や林道が多くあり、古都ならではの細い道や石畳の道もある為、
車よりも徒歩での観光を私としてはお勧めします。

そして、観光客で連日あふれかえっていて海外からも大勢の観光客がいるため、片言の日本語やディスチャーで道を聞かれることもありますのでそれに
手間取って時間をうばわれないように適度に対処し、分からなければ、分からないとディスチャーを交えて話せば分かってもらえます。

私は現在関西在住の為、日程的に余裕があり、この仕方で回るようにしていますが、時間がなければ他の方法もあります。
これはマイナーな一般的な方法ですが、事前にまわりたい名所を決めておき、まわる順番も細かく決めておくと良いでしょう。

京都には名所以外にも美味しい季節の食べ物があり、また、自分で見つけた穴場もそのうち見つかるようになる事でしょう。

次にお土産ですが、私の場合何回も観光に行っている為、どこで何が売っているかがそのうち分かってきています。
名所前の長い階段坂の両脇に並んでいるお店もあれば、歓楽街や商店がのような発展した場所に手中して果てしなく並んでいるお土産屋もありますので
先ずは、回を重ねるごとに地理を理解して把握しておくべきでしょう。

食事処も肝心です。
世界を代表する観光地、古都・京都ならではの有名なご馳走を提供しているお店が至る所にあります。
特に一人旅やお友達と旅行する場合など、何処にしようか迷うこともありますが、その時は実際に街並みや名所回りを歩いて探していると適切な良いお店が
見つかることもあります。

以上、私から見た京都観光の仕方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です